So-net無料ブログ作成
検索選択

くりちゃんお空に昇る日。 [くり]

10月12日のこと。 [晴れ]


くりちゃんの身体とお別れの日。
7年前と同じお寺に火葬をお願いしたのだけど、7年も経つと色々と変わっていて
棺に入れられるのはごはんちょっぴりと手紙と写真数枚だけと制限されてしまった。
歳をとってからあまり遊べてないから、重い身体から離れていっぱい遊べるように
おもちゃを入れてあげたかったし、ふわふわの敷物を敷いてあげたかったし
私やsnowmanの匂い付きハンカチとかも入れたかったのに
最後だというのに、なんにもしてあげられない。

仕方がないから、好きだったカリカリ2種と、
腎不全になってからあげてなかった煮干をナプキンに包んで
誕生日に首につけてあげたリボンで結んだ。
それと、ぽち袋にまたたびをたっぷり。


2013_10_12_00.jpg


棺にちっちゃく横たわったくりちゃんをたくさんの秋の花で飾った。
お花には制限がないらしいから。
ネコ友さんがくりちゃんに贈ってくれたお花のアレンジからも少し入れさせてもらった。




2013_10_12_Q00.jpg
                                              棺アレンジw Qちゃん可愛い[揺れるハート]



私とくりちゃん、snowmanとくりちゃん、Pちゃんとくりちゃん、茶太クンとくりちゃん
それぞれの写真を選び裏にお手紙を書いてくりちゃんに見える位置に入れた。

午後2時30分
くりちゃんはお空に昇っていきました。
いや、くりちゃんの身体は昇っていきました。
なんだか、くりちゃんずっと家にいる気がするし。

すごく良いお天気。
旅立ち日和のキレイな青い空。


2013_10_12_01.jpg


くりちゃん、たくさん遊んでおいで。




タグ:くりの日常

くりちゃんの旅立ち。 [くり]

10月9日のこと。

朝、くりちゃんが逝ってしまいました。
22年と3ヶ月。 ねこさんとしては、とても長生きをしてくれました。
私にとっては、大人になってからの殆どの時間を同じ屋根の下で暮らした、空気のような子。
どんなに大往生だといっても、長い分だけ思いでもいっぱいだし、
どんなに一緒にいたって、もう充分だということでもなく
病気で最期は苦しかっただろうから、解放されて良かったね、って気持ちはあるけども
もっともっとふれ合っていたかった。
Pちゃんのときのような激しいショックはなく、ただポロポロ涙が止まらない。

さびしいよ。

Qちゃん、ありがとね。
ずっと見ていてくれて、ありがとね。 私の気持ちを受け止めてくれてありがとね。

またいつか、同じ場所で会おうね。
元気だった時みたいに、またいっぱい喧嘩しよう。 いっぱい追いかけっこしよう。




Qちゃんを可愛いって言ってくれてありがとう。




タグ:くりの日常
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。