So-net無料ブログ作成

抱っこしてって。 [くり]



              Qちゃんがうっとり見上げる視線の先には…

やっぱりsnowman。




            抱っこしてもらいました。



              うっとりっ

良かったね☆


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

Qちゃんはソファーが好き。 [くり]


Qちゃんがリビングでワオンワオン呼ぶので行ってみると
ソファーの上でスタンバってました。

狙ってます。

           さらに狙ってます。そして…
           

           ニャンっっっ
           

ニャワワワワワワワワわんッッっ!

           ふぅ…。
           

           振り出しに戻る。
           


Qちゃんは殆どソファーの上で遊びます。
寝るのも殆どソファーの上です。
甘えるのも、爪を切ってもらうのも、お薬を貰うのも、ウエットのご飯を貰うのも、ソファーの上です。
なので、私やsnowmanがリビングにいないと…というか、ソファーにいないと
ものすごく不安になるか、はたまたものすごく怒りを感じるからしく
大声でワオンワオン鳴きます。
「Qちゃんっ!こっちにいるよっ!」
と言ってもリビングに行くまで鳴き続けます。
行かないと、「ワオンワオン~あァァ~~~~オン。」
と鳴きながらじわ~~~~っと近付いてきます。   …怖い。 …いや、可愛い……


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ちーちゃん☆ [にゃんこのお友達]


「やっとおトイレができました!!☆」
嬉しくってメールしちゃいました!と、1日の終わりにYさんからお知らせ。
疲れも吹っ飛ぶニュースに、ちょっとヘタレ気味の1日だったのに
「あ~~~っなんだか良い1日だったね~♪」 と口に出る。

で翌日、お野菜のおすそ分けを頂けるという事で、届けてくださるというのを
「いーえッ!こちらから伺いますっっ!」
と鼻息も荒く、ずうずうしくお邪魔させていただいた。
だって、会いたかったんだもの、ちびNyanちゃんに。

Yさんてば、もうメロンメロンにやられちゃってて、
とっても優しいお顔で、ニコニコ子ニャンを目で追っかけてる。
で、

「結局ケージ買っちゃったんですよ~ぉ♪」
「名前は~、ちーちゃんって呼んでます!」

見ると、おトイレもちゃんと設置してもらい、遊ぶ用の篭のような物も有る。
「まぁ~~~~、じゃあ、もう飼う決定だね~~~!」 と言うと。

「あ~もう、飼う気満々ですぅ!」

って。
良かったね~~~!ちーちゃん☆☆☆
おめでとう!Yさんにもちーちゃんにもきっととっても良い出会いだって信じてるよ!
幸せにね☆

ちょっとお邪魔するつもりが、結局1時間も遊んでしまった…
ちーちゃんってば、すっっっごい元気で、飽きることなく遊んでくれるから
楽しくってついつい…

そういえば、お預かりした時にウン○についていた白い物…
条虫かと心配してたけど、後にダンナさんがこっそりあげたおにぎりに付いていたゴマだと判明…。
原因が分かって良かった…。条虫じゃなくって良かった…。
ってか、おにぎりあげないでねぇ…。


遊ぶに夢中でちーちゃんの写真を撮り忘れたので Qちゃん元気に遊ぶの写真を…。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

子Nyanの置き土産で首にポチっ。 [くり]


子ニャンお預かり騒動から1夜明け、やっぱり、一応、用心として
と、病院に電話した。
知人が保護した蚤つき子ニャンを預かり、Qとは隔離はしておいたし
掃除もしたし(床水拭き&ワックス)、使った物は洗剤に漬け込んで有るし
人間はシャワーをきっちり浴びはしたのだけど、Qに対する蚤問題を考えた方がいいのか?
という内容。

お答えは、やはり時期も時期だし(暑くなる頃)今年の夏だけでも
フロントラインした方が良いと思う。
卵落ちてるかもしれないしね。 と。 (ひゃぁ~~~~~)

という事で、急遽フロントラインをいただきに病院へ。

フロントライン自体は首の後ろ(Nyanが首を回しても舐められない位置)に
垂らすだけだし、腎臓とかにはなーんにも影響は無いということなので
どうってことはないんだけど… 嫌がるだろうなぁ…

でも、随分昔にも子ニャンを預かって、その時もすぐには蚤がいると気付かなくて
(何度もシャンプーをした後だったから、殆どは落ちていたと思われる)
私もNyanもひどい目にあったしな…。
やっぱりちゃんとしておいた方がいいんだろう。

で、やっぱりQちゃん~いやぁ~いやぁ~になって、くねくね手から逃れようとする。
Qちゃんはすごくくねくねになる子で、
病院で診察中もすぐに”くねりっ”と看護士さんの手からすり抜けてしまう。
なので、snowmanに保定してもらい、首もとの毛を掻き分けて、たら~り。
たら~~~~り。 …けっこう量が有る。 
これじゃ流れちゃうよぉ…と途中で塞き止め揉みこんでみる。
いいのか?これで??

一応終わったけど? 
…Qちゃんやっぱり 「気持ち悪い~~~~」 と、しきりに届かない首の後ろを気にしてる。
ごめんね~。会わなくてもやっぱり影響は及んでしまったね。
多分、見えなくても子ニャンがいる事わかってたよね。
いつもはお喋りなQちゃんが無口になってたもんね。
でも、日中全然かまってあげられなかったのに、とってもいい子にしててくれたね。
年下の子が来て、最近は超甘えんぼなのに久々お姉さん気分になったのかな?
さすが、Qちゃん!
夜はいっぱい遊ぼうね!…といいたいが、溜まった仕事をこなさなきゃなのでした…。
すまん…。



                                            Qちゃんごろ~ん。


                                「つまんないにゃッッ!」 ひぃぃ~~~


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

またも遭遇☆(4) [にゃんこのお友達]

お預かり編。

  

家に帰ると、まずはNyanの入っている箱をsnowmanにあずけ、
Qのいるリビングとは一番離れた私の部屋に置いてもらった。
(子ニャンは疲れて爆睡中~)
蚤がいなければQちゃんが子ニャンと会った時の反応も見てみたかったんだけど
まあ、しょうがない。
で、私は玄関で服を脱いでシャワーに直行。
来ていた服はすぐに洗濯機に入れて、3回洗った。
そして子ニャンが寝てるうちにと、とりあえず必要な物を買いに出かけた。
といっても、キトンのカリカリとか、ウエットにNyanミルク、ちょっとしたおもちゃなど。

帰って来ると、子ニャンも目を覚まし、さっそく
「ごはん~~~~~~~っ!」
と鳴き始める。

病院で 「ごはんは何をあげましたか?」 と聞かれ
「a/dを」 と答えたら、やっぱり 「a/dはどうされた(どこで手に入れた)んですか?」 と。
まあ、そうだろう。
普通子ニャンが来た! じゃあa/dだ! で出てくる訳がない。
「いや、うちには腎不全のネコがいたんで…」
というと、 「あ、なるほど…」 とそれだけで分かってもらえた。
そして大丈夫だとは思っていたけど
「それはベストの選択でしたね」 と言って貰えたのでホッとした。
ご飯は1日の容量を3,4回に分けてあげる。
でも、容量以上あげても悪いというわけではない。らしい。それにしたってホドホドだろうけど。
もう離乳しかけてるから、キトンのカリカリをふやかしてあげても良いと言われたけど、
買ったカリカリは封を開けず、そのままYさん&子ニャンにプレゼントする事にして
もう少し高栄養のごはんでもいいんじゃない?と、2度目のごはんもa/dをあげた。
今回も 「ごはんごはんごはん~~~~っ!」 でがっつり食べたけど
最初ほどがっつく事なく、安心したのか、落ち着いて食べてくれた。
食べ方もとっても上手☆
Pちゃん離乳の時は、もう、そこらじゅうにピンピン飛ばして、食後は
顔も周りもすごい事になってたもんだけど…。

後はうちにいるうちにウン○が出てくれると安心なんだけどな~。
でも、そう都合よくはでないのよね。

で、次はご飯を食べたら遊ぶなんだけど、蚤の事もあって箱から出してあげられない。
それに、いい加減仕事しなくちゃでしょ!なので
仕事机の脇に箱ごといてもらったんだけど、鳴くは飛ぶは暴れるわ。…仕事にならん。
でもね、やっぱりね、蚤さんとはお友達にはなれないしね、ごめんね、と
ニーニー鳴くのを抱っこであやし(蚤の卵とかが落ちないようにフワフワ布で包んで)
なんとかネムネム、フミフミに持ち込んで、抱っこしたまま片手でお仕事。
あ゛ぁぁぁぁぁ~可愛い゛~~~~~ぃ。ちっちゃい゛~~~~~。
くぅぅぅ…やっぱり仕事にならん…。

               

               

そんなこんなしてるうちに、あっという間に夜になり、
「今から迎えに行きま~す!」
と電話がかかってきた。
じゃあ、準備しなくちゃね~と、色々とお渡しする物とかを袋に詰めたりとかしていると…
なんか匂うぅ~~~~~ぅ!!! 出たぁーーーーーーーっ!
…出てました。柔らかウン○くん。どうしよう、下痢ってる…。しかもなんか白いのついてるし…。
白いの…大丈夫か?これは…やっぱり条虫なのでは…?
とりあえず、ティッシュで取れるだけとり、ビニールに入れ、これもお渡しすることに。
一緒に渡そうと思っていた、既にお気に入りのピンクのフワフワ布は汚れてしまったので
別のフリースを箱に敷き、ピンクのは後日洗濯して渡す事にした。
(会いに行く口実にもなるし。フフっ。)

               

で、無事に引渡し。
ウン○の事
(いきなり食べ始めたからお腹壊しただけかもしれないけど、子ニャンはそれこそ体力ないから
すぐまた柔らかいのが出るようだったらすぐに病院に電話する事。
白いの出たからどっちにしろもう一度病院で見てもらった方がいいかも) を伝え、
上階のお部屋まで送っていったら、ダンナ様も帰ってらっしゃってて、満面の笑みでお出迎え。
あぁ、なんか幸せだな。嬉しいな。
ちっちゃな子ニャンがこんなに笑顔を作ってくれるんだな。 良かった。
まだ、飼うかどうか迷ってるっていってたけど、この顔をみると、もう完全にやられてます。
絶対に飼うことになるに100万票。
ダンナサンってば、やっぱり腕の内側の柔らかいところをしっかり蚤にさされちゃってて
それなのに、 「しょーがねーなぁ~」 なんてニコニコしてるんだもん。
きっと幸せにしてもらえるね!

でも、うちは嵐の後の~で、ちょっと淋しいわ~。
また遊びに行こっと。

久々大盛り上がりの楽しい1日でした☆ありがと~。


タグ:Y家のNyan☆
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

またも遭遇☆(3) [にゃんこのお友達]

病院編。

ごはんも食べたところで、次は病院で健康診断をしてもらいましょう~。
本当はうちで通っている病院に連れて行きたいところだったのだけど
近くならいいけど、車で30分となると諸手で勧める訳にもいかない。
まあ、健康診断してもらうくらいならとりあえず御近所で気軽に行ける所がいいね、
という事でYさんがネットで近所の病院を調べ、すぐに診てもらえるか電話で確認。
歩いて、という距離ではないけど隣駅の車で10分程度の所に有る病院に行く事になった。
ニャンこ初体験のYさんだけではなにかと心許ないのでは…と
お節介かなと思いつつ、 「ついていってもいいですかっ?!☆」 と願い出た。

行ってみたらば…
外観は黄色い外壁の2階建ての一軒家でとっても可愛い感じ。
でもね、私、今まで5件くらいの動物病院に行った事が有るけれど(しっかり通ったのは3件)
中の事情はというと、ちょっとびっくり。 いろいろびっくり。

まず、待合室にはベンチが一つ。
1人の方がネコちゃんのキャリーを持って座っていらっしゃって
診察室で診てもらってる方のキャリーがその横に置いて有って、それでいっぱい。
幅1.5mほどの細長い廊下のような待合室で、私とYさんは立って待つことになった。
待合室の両側に診察室という造りで、待ってる間スタッフのお姉さんが右から左、
左から右へと出たり入ったり。 私たちとってもじゃまな感じ。
診察室が2つ有ってもその時は片方しか使ってなくて、
途中からは空いている方の診察室で待つ事になった。
待合室もそうだけど、診察室もなんだか物が多くって、雑然としている。
ずっと前、Qが最初に掛かっていた病院はもーっとごちゃごちゃだったから
(それでも待合室はそれなりに広かったけど)、そんな所も有るかな…くらいに思ってた。
でもね、出入りしているお姉さん、看護士さんにはちょっと見えないくらいケバイ化粧だし
ジーンズに派手なTシャツ姿でボサボサ頭の海の家のおばちゃんみたいな人も
(あくまでもイメージです)スタッフさんみたいだし…
大丈夫か…?この病院…   と一抹の不安がよぎる。

結局15分くらい待って、もう片方の診察室に通された。
入ってまず、もうすぐに信じられない光景がっ!

なんと、手術してるんですっっっ!!!!!
有りえないっ! 考えられないッッッ!!! なんで?????
診察室の奥に手術台が有って、麻酔をしたニャンちゃん。お腹開いてるニャンちゃん。
えええええええ~~~~~~~?????
こんな、今保護したばかりで、どんな病気が有るか分からない子を診てって言ってるのに
電話で伝えて有ったのに、なんで手術してるの?
ってゆうか、診察室と手術室が一緒のお部屋って普通?
手術と診察を同じ部屋で同時にやるって普通?
しかも、衝立とかカーテンとか、目隠しもなにもない。

頭が?でいっぱいのなか、当たり前のように診察は始められたのでした。

まずは、事の成り行きを説明。
で、現状の健康診断と、蚤、耳ダニ、寄生虫のチェックをお願いした。

まず検温。
体温計が昔ながらの水銀タイプ。とっても時間がかかりました。
おかげで子ニャンちゃんけっこういやいやぁ~ともがいた為体温計にそれなりに
ウン○くんが付いた為、それを利用して検便。
結果は、今の所寄生虫の兆候は見られないとのこと。

触診や心音チェックは問題なし。
しかしそこで発覚したのは、この子ニャン~蚤だらけ~~~~!なのでした。
まあ、外にいた子だから予測はしていたけど。
なので、snowmanとも帰ったら玄関で服をぬぎ、シャワーに直行ね!と打ち合わせ済み。
それにしても、出るわ出るわ、ワラワラワラワラ。
こんなに小さいのにどんだけ付いてるんだってくらい。もう鳥肌ものでした。
そして出てきたのは蚤取粉。 蚤取粉・‥…?
確かにね、フロントラインまだできないくらい小さいけど。
蚤取粉なの?身体ペロペロ舐めちゃうNyanなのに?
蚤が速効で死んじゃうような薬なのに?
「洗っちゃだめなんですか?」
と聞いたら、小さいから洗っただけでも体温とられて体力落ちちゃうからね。と。
いや、ごもっともなんですが。
すっっごく元気だし、そもそもずぶぬれで見つかったんだし…ダメですかね?
確かに、蚤はすぐ死んじゃうけど、蚤サイクルに合わせて3回はやらなくちゃいけないって。
普通なんですかね?いや、ホント、わかんないんですが。


  
  こんなに可愛いのに、こんなに小っちゃいのに、蚤だらけなのぉぉぉ~~~~!

耳ダニチェックは、一緒にモニターでチェックして問題なし。
キレイなお耳でした☆

後は白血病とエイズチェック。
本当はまだ小さすぎるからやりたくなかったんだけど
Yさん、今日はどうしても家にいることができず、午後はうちで預かる事になっている。
Qちゃんに会わせる予定はないけれど、念のため調べてもらう事に。
一番細い針で、検査が出来る最低限くらいの血をちょっとだけ採取。
チビにゃんちゃん、いい子で頑張ってくれました。

結果はどちらも陰性。
乳歯も生えてきていて、離乳したくらいかな?の3週間…1ヶ月は経ってないね、
の健康なNyanという結果になりました☆
問題は蚤だけ…。Yさん大変だ。
夜、あまりに鳴くので昨夜はベッドで一緒に寝たらしい…。

でも、蚤がこんだけいて、条虫とかは本当に大丈夫なんだろうか…?

診察をしてくれた先生、人とは殆ど目を合わせることがない人だったけど、
Nyan相手には、とっても優しく接してくれていた。
採血もNyanが大人しくしていた感じを見ると、上手なのかもしれない。
看護士さんも、みんなとってもいい人。

でもなぁ…。だからってなぁ…。

手術をしてた先生、終わった後、そのまんま、血の付いた手袋したまんま
診察台の所にやってきて、
「今日はどうしたんですか~?」
なんて、平気な顔で聞く。
ほんともう、信じられない。 というか呆れた。
もし、自分ちの子があそこで手術をされるかと思うと、ぞっとする。
そんな飼い主の気持ちを量れない先生達の事も理解できないし信用できない。

「1月後のワクチンの時は病院変えた方がいいと思う。」
とYさんには言いました。 間違ってないと思う。

なにはともあれ、診察は終わり、お預かりの為直接うちに連れ帰りました。
ふぅ…。

 

  
                                    お疲れ様。ちょっと疲れちゃったね。


お預かり編へ続く。


タグ:Y家のNyan☆
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

またも遭遇☆(2) [にゃんこのお友達]

ごはん編。

ちっちゃな、ちっちゃな子ニャン。
サビをベースに手足と顔にキジが入った不思議柄の女の子。
パッと見…生後3週間ってとこかな?
耳は上についてるし、でも大きさからすると1月はいってないな。
お外にいた子だし離乳したかしないかって頃かしら?
なんてPの頃を参考に予想を立ててみる。
ちっちゃな身体で ミャァっ!!! ミャァっ!!! とでかい声で鳴いている。

ぎゃぁ~~~~っなんて叫んで可愛い可愛い言ってる場合ではなかった…

昨夜から何も食べてない成長盛りのちっちゃなニャンこ。
まずはごはんでしょ。
小さな器を用意してもらったりしてる間ねこじゃらしでじゃらす。
これがまあ、よく遊ぶ事。
ごはん食べてないって聞いてたから、もしやぐったりしてるのでは…と心配したけど
そんな物は何処吹く風…ズダダダダ~~~~!ぴょ~ん!ガシっ!ガブっ!
ってな感じで怯える事も無く力いっぱい向かって来る。
ん~元気~~~。
これでご飯がちゃんと食べれてウン○出ればきっと大丈夫☆

もって行った3種(Hill's:a/d,p/d,キトン)の中から
snowmanが 「やっぱこれでしょ」 と a/d缶 をチョイス。

  

で、パッカンっ☆と…

え?え?え?どうしたの?
今までズダダダ~と遊んでいたのに、突如ウギャぁ~!と缶に向って突進。
そんなにすぐ匂いが届いたの?

「待ってっ!待ってッ!! ちょっとチンしてもらうからぁ~~~~っッ!!!」

て言ってるのに、押さえても押さえてもガシガシ缶に向かって行く。すっごい力だ。
チンは待ってられません。もう押さえられません。
取り合えずハーゲンダッツの小さなスプーンにちょっぴりすくってあげてみた。


「これはあたしのだからねっ!!!」
とばかりにスプーンをホールド。スプーンごと食べようとする。…

「この子ちゃんと食べれるっ! こんなんじゃ追いつかないぃぃぃ~ッッ!!! 皿っ!皿っ!」

と、大興奮でお皿に1/6缶くらい盛ってみる。

あっという間に間食。
足しては食べ、足しては食べで、結局1/3缶をペロリと平らげた。
あぁ…おなか空いてたのね。食べれないんじゃなく食べたいが無かったんだね。
本当はもっと食べれる感じだったけど、というかもっと欲しがってたんだけど
絶食後のご飯だし、今まで食べた事ないものだろうし、離乳してたのかもわからないし
で、取り合えずはそこまでで我慢してもらうことにした。

後は病院に行って先生に聞いてからねっ。

  
  これは病院から帰ってからの2度目のごはん。もう落ち着いてます。

で、病院編に続く。

長っ・・・


タグ:Y家のNyan☆
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

またも遭遇☆(1) [にゃんこのお友達]


珍しく朝も9:00から電話が鳴った。
仕事電話にしちゃあ早いし、身内でも我が家の生活パターンを知っているから
よっぽどじゃなけりゃ午前中になんてかけてこない。
「???だぁれ?」
snowmanが出たので横で話を聞いていると、何やら
「えぇ~~~~っ?!」 とか 「あっりゃぁ~~~~」 とか言ってるし
「うちで用意できる物を持ってこれから伺います。」 と、歯切れも良い。
やっぱ仕事? 何かうちじゃない所でトラぶって、救出すべく張り切ってる??
と思ったら、電話の相手は同じマンションに住むYさんだと言う。
どうもYさん、朝が来るのを待って 「もう待てんッ!」 とばかりにtelしたらしい。
理事をもう何年か前に退役したsnowman家にマンションの住人からかかってくるSOS…
コンピュータの事かニャンの事に決まってる。
でも相手はコンピュータの専門家。
ってことは~…そう。フフフ…。彼女はNyanに選ばれてしまったのです。☆☆☆

なんだって?って聞いてみると、

  ・昨夜保護
  ・びしょぬれだったが臭くもないから拭くだけでお風呂はしてない
  ・まだ乳児っぽい
  ・牛乳をあげてみたけど殆ど飲まない
  ・うん○が出てない
  ・元気☆

とのこと。
その情報を元に、家に有るものを物色。
Pの栄養補給に…と買ってあったNyanミルクやヤギミルクはもう古いし…

「ここは a/d缶 と p/d缶 かねぇ…あっサイエンスダイエットのキトン缶が有った~っ!」
「自分で食べれないかもしれないからスポイドとシリンジ持ってく?
 ちっちゃなスプーンも持っていこうか~?」
「あとはぁ…ペットシーツとー、ねこじゃらしとー、ペット用ウエットタオルとー
 あと何?何?何が有る???!」
「取り合えず行こうっ!」

ってな感じで、納品前の忙しすぎでしょ?寝てないでしょ?な時なのに
突如大いなる盛り上がりを見せるsnowman家。
楽しい!楽しい!楽しすぎる~ぅ
と、上階のYさん宅に出かけて行ったのでした。

そしてそこにいたのは超プリティ~~~♪なこんな子☆

  

ぎゃぁ~~~~~~~ああっ!!

かぁわぁいいぃぃぃぃぃ~~~~~っ!! 

で、(2)へ続く…

2007-06-20 18:07:32


タグ:Y家のNyan☆
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

Hill's a/d [ごはん・おやつ]

Hill's プリスクリプション・ダイエット a/d

  

適応 : 食欲不振、貧血、回復期、衰弱状態、栄養失調、術前・術後、やけど、膿瘍、発熱、敗血症

<犬猫用>
a/dは衰弱、悪液質、および食欲不振を示す犬猫の栄養補給のために調整した特別療法食です。 
獣医師の指示に従って下さい。


<原材料>
ポーク、ターキー、チキン、トウモロコシ、ポーク蛋白抽出物、魚油、タウリン、
ミネラル類、ビタミン類(ビタミンE、ビタミンC、ベータカロチン、他)

<保証分析値>
粗蛋白質:8.5%以上 粗繊維:0.5%以下 水分:78.0%以下 
リン:0.17%以上 タウリン:0.06%以上 粗脂肪:5.25%以上
粗灰分:2.2%以下 カルシウム:0.18%以上 マグネシウム:0.019%以上

内容量 : 156g  (166kcal/缶)




とても高カロリー。
Pちゃんの食欲断絶時に強制給餌用として処方していただきました。
ムースまではいかないけど、こまかいペースト状で、シリンジの先をを楽に通ります。







ただ、Pは連日の投薬によるストレスがかなり有って、強制給餌を嫌がりました。
殆ど食べさせることが出来ないままになってしまいました。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

Pちゃんも衣替え♪ [ピケ(3)'06.11/16~]

 

ソファーカバーとして使っていたお花柄のマルチカバー、洗濯時の代えようとして何枚か余分が有った。
なので、比較的キレイで使えそうなのをPちゃんの祭壇用にとっておいて夏用のカバーにする事にした。
(どこの国か忘れたけど、アジアの暑い国の涼しそうな布だから。)
今までのは、冬の闘病時の通院や、家でも冷えないようにとPが愛用して使っていたフリース。
私も一緒になってかぶって寝てた思い出の一品。
お花のカバーも、Pと言えばこれだよねっていうくらい、よくPとセットで写真に写っている。
暑くなってきたから、もうフリースじゃ暑いよね。
という事でPちゃんも衣替えしました。
下も上もお花で、ちょっとごちゃごちゃに見えちゃうかなぁ?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。